2009年02月14日

エフェクター作り開始

っとその前に、手始めにTUBULATORの改造をしてみましたよ。

C4:スルー
C15:0.047uF
C16:1uF
R3:10kΩ

R9+C7:4.7kΩ+0.056uFと1kΩ+0.22uFをスイッチで切り替え
D5・D6:1N914・OFF・LEDをスイッチで切り替え
電源:9V→17V化

090212_1024~01.jpg090214_0429~01.jpg
090214_0430~01.jpg
鉛筆の線が残っていますがこんな感じで。
スイッチをつける場所はここしか空いていませんでした。

左側がR9+C7の切り替え、右側はD5・D6(クリッピングダイオード)の切り替えです。
両方とも上で元の音に近くなります。
R9+C7を下にするとハイゲインに、D5・D6を下にするとザクザクな感じになります。

改造費1000円前後。


続いてエフェクター作り。
まずは基板から。

090214_0349~01.jpg090214_0349~02.jpg
090214_0350~01.jpg090214_0351~01.jpg

これはMarshall Guv'norのコピー。もう一つ頼まれたエフェクターのも作りました。
週明けからちょっと出掛けるので、ここで中断です。
posted by MASSY@管理人 at 23:59| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして


R9+C7:4.7kΩ+0.056uFと1kΩ+0.22uFをスイッチで切り替えは、スイッチにどのように配線しているのでしょうか?

よろしくお願いします。
Posted by ともさん at 2012年02月13日 02:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114252729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。